店主敬白

店主敬白

これは、江戸時代の茶人小堀遠州の書捨て文(かきすてぶみ)の一節です。
茶人は春夏秋冬の景色を愛で茶の湯の風情を語りながら、
食事を提供するものの心がけを説いています。
どんなに味のよい食物、たとえば「早瀬の鮎」「水底の鯉」のような珍品を料理しても、
作るものに心がこもっていなければ、本当に美味しい料理はできないと言っています。

私たちは、いつも志篤く、まごごろを込めて、お弁当を提供してまいります。

店主敬白

ページのトップへ▲